Netflix6月最新情報更新!

「神様のアドバイス」がいい感じに刺さったのでレビューします!

「神様のアドバイス」がいい感じに刺さったのでレビューします!
この記事で分かること
神様のアドバイスとは、どんな本か?
・本を読まない人でも読みやすい理由
・アラサー女がいい感じに突き刺さったところ
にってぃ
にってぃ

読書習慣のない私でもスルスル読めました!

 

・自分の人生、なんだかうまくいかないと思う。

・常に悩みがあって、つらい。

・生きる意味が見い出せない。

 

こんな方に手にとってもらいたい1冊です。

 

この本を読めば、あなたが感じる苦しみの正体が分かり、もっと楽な生き方できるようになりますよ。

 

書籍は、アマゾンKindle読み放題対象作品として無料で読めます。(現在は、電子書籍のみ)

 

にってぃ
にってぃ

神様がアドバイスをくれるなんて、ヤバイ宗教か!と思って避けてた作品。
今では”
神様”のファンになりました(笑)

 

「神様のアドバイス」のあらすじ

 

あらすじ

物語の主人公は、シングルマザーの智子。夢もなく、パッとしない毎日に虚しさを感じていた。そんなところへ神様らしい神様が現れる。最初は、神様のアドバイスをなかなか受け入れられない智子だった。しかし、神様の言うことを実践していくうちに、生活に変化が現れ始め・・・。

 

この本は、シングルマザー・智子の境遇を中心にして描かれています。

 

彼女の悩みは、子育ての壁、シングルマザーのコンプレックス、子供が成人した後の将来の不安など。

 

そういう悩みに対して、神様が具体的にアドバイスをくれます。

 

でも、私は子供もいないし結婚もしてないから、あんまり共感できなさそう。
アラサーの読者様
アラサーの読者様
にってぃ
にってぃ
そんなことはありません!実際、未婚でアラサーの私は、智子と被るところが少なかったですが、神様のアドバイスがずっしり響きました。

 

実は、人の悩みって普遍的なもので、根本は同じなんですよね。

 

この本には、思わず「あるある!」とうなづいてしまうお悩みシチュエーションがたくさん描かれてます。

 

そして、それに対するアドバイスも詳しい!

 

ということで、あなたとの悩みに答えてくれるアドバイスがきっとありますよ♪

 

 

「神様のアドバイス」が、本を読まない人でも面白い3つの理由

 

①文章が易しい:中学生でも読める
②2人の対話形式:登場人物が複雑でない
③アドバイスが具体的:イメージがつきやすい

 

特に、本を読まない人の中でも直感的な方、感覚派な方におすすめです。

 

なぜなら、子どもでもイメージできるようなものでアドバイスの具体例を説明してくれてるからです。

 

例えば、この話のキーワードで「スキーマ/観念」という言葉が出てきます。

 

物事について抱く考えや意識。

引用:コトバンク

なんか分かったような、分からないような・・・。
アラサーの読者様
アラサーの読者様

 

こういう抽象的な概念を、誰もが納得できるように説明してくれます。

 

ここでは、思い込みで自由になれないゾウのお話がありました。

 

頭のいい人って、よく難しい説明や言葉を使って、混乱しちゃうんだよね。
アラサーの読者様
アラサーの読者様
にってぃ
にってぃ
「神様」は、誰も置いてきぼりにしないので心配不要です!

 

 

「神様のアドバイス」を読んで突き刺さった2つのこと

ここからは、私の本を読んだ感想です。

 

本のネタバレにもなるので、注意してください。

 

自分の中にある被害者意識を捨てよう

 

正直、智子という人物は、私の母親かと思いました。

 

シングルマザーで周りからの偏見や一人での子育てのストレスから、自分はなんて不幸な人間なんだと思っていた智子。

 

そんな彼女が、「今までひどい目にあってきた」と嘆く私の母に重なりました。

 

母は、最近こういうことを口にします。

 

「子育てに忙しかったから、自分を犠牲にして来た。今は介護に忙しくやりたいことができない。」

 

「離婚したかったけど、子どものことを思って我慢した。」

 

こういう母親の話を聞くと、苦しくてなんとも言えない気持ちになります。

 

私は人生の中で選択を迫られたときに、そのとき自分でベストだと言える道を選んできている今の状態だけ見ると失敗ばかりのように見える人生は、じつのところ自分が積み上げてきた集大成 であることに私は気がついた。

引用:神様のアドバイス: 神様が教えてくれる人生を変えるアドバイス

 

最初は、智子は母親みたいだなと読んでましたが、よく考えると、私にもそういう被害者意識がありました。

 

どうして自分は○○なんだと思ったり、無性に他人がうらやましくなることがあります。

 

でも、全ては、いくつかの選択肢の中から自分の意思で選んだこと なんですよね。

 

そう思うと、心がすっと楽になりました。

 

これからは、落ち込むことがあっても自分がベストな選択をした結果なんだと自信を持とうと思います。

 

そして、自分がそういう考えができるようになったら、私が”神様”のように母親に伝えてあげたいです。

 

 

ゴールを一直線に目指すと失敗する

 

これは、最近目標ができた私にとって、ギクリとした話でした。

 

私の夢は、会社員を辞めて、人に影響を与えられるようなブロガーになることです。

 

そのためには、多くの人に自分の記事を知ってもらえる方法を考えたり、文章スキルを磨いたり、記事を書いたり、やることは山ほどあります。

 

でも、とりあえず動き始めたはいいものの、次に何をすべきか行動が決まらず、時間だけが過ぎていました。

 

しかも、ちょうど倦怠気味になっていたところでした。

 

インターネットでプロブロガーになる方法を検索し、プランを立てては、実行せずの繰り返し。

 

そんな次の一手が決まらなかった理由が、最終的な目標ばかりに目がいき、最短で楽して稼げるような魔法のような計画を立てようとしていたから 気づかされました。

 

同じ高さでも断崖絶壁の壁を登るのと、階段を上っていくのとでは難しさがちがうのと同じようなものなのだろう。小さな目標を一つずつ達成して階段のように上っていけば、あれほど困難に見えた目標に近づくことができる 気がするのだ。

引用:神様のアドバイス: 神様が教えてくれる人生を変えるアドバイス

 

無名の私が影響力のあるブロガーになるということは、今の私には断崖絶壁を登るようなこと。

 

でも、目標を小さく切り分けていけば、一つ一つはそう難しくない ということをこの本から学びました。

 

「神様のアドバイス」は本を読まない悩める人におすすめ

 

神様のアドバイス」は、文章が苦手な人やモヤモヤが収まらない人に是非おすすめしたい本です。

 

アドバイスが盛りだくさんで、「そうか!」とストンと自分に落ちるところが必ずあると思います。

 

この本は、アマゾンKindleの読み放題対象の作品で無料で読めます。

 

なので、是非お手軽に読んでみて下さい。

 

お読み頂きありがとうございました。