Netflix6月最新情報更新!

韓国ドラマ「サンガプ屋台」キャスト・あらすじ・評価・感想

韓国ドラマ「サンガプ屋台」キャスト・あらすじ・評価・感想
 この記事で分かること
・あらすじ紹介
・キャスト紹介
・「サンガプ屋台」の感想・評価
にってぃ
にってぃ

私の評価は星5つ中3つ★★★

俳優の演技がすばらしいドラマでした。

・「サンガプ屋台」は、どんなお話

・どんなキャストは出演する?

・「サンガプ屋台」の感想は?

 

こんな質問にお答えします!

 

今回ご紹介するのは、Netflixで配信中の「サンガプ屋台」。

 

主演を務めるのは、元気いっぱいコミカルな演技が得意なファン・ジョンウムや爽やかなアイドルユク・ソンジェです!

 

賞を受賞した経歴もある超人気WEB漫画の実写化!

 

そんな「サンガプ屋台」の視聴を終えた筆者が、あらすじや感想についてご紹介します。

 

「サンガプ屋台」の 日本放送はいつから?

梨泰院クラスはいつから見れる

配信日 動画配信サービス エピソード数
2020年7月2日 Netflix 12

 

韓国では、5月20日からスタートされた「サンガプ屋台」。

 

韓国ドラマとしては短く12話で終了予定です。

 

まだ日本ではNetflixで配信が始まっています。(なお、U-NEXTやdTVなどでは、まだのよう。)

 

「サンガプ屋台」のあらすじ

出典:Youtube 

 

「サンガプ屋台」は、WEBドラマの実写化

 

連載中、読者から10点満点という最高の評価を得ただけでなく、2017年には韓国のマンガ大賞で優秀賞を受賞しています。

 

そんな「サンガプ屋台」のあらすじを見ていきましょう。

 

前世の罪から10万人の恨みを晴らすというミッションのもとに何百年も生きている屋台の女主人、ウォルジュ。ウォルジュの実績管理のために派遣されたクィ班長、人に触れると悩み相談されてしまう屋台のバイト生、ハン・ガンペの3人が、お客さんの夢の中に入り込み、悩みを解決してあげるというファンタジーカウンセリングドラマ

 

「サンガプ屋台」のキャスト紹介

 

ここでは、メインキャストの3人について経歴をご紹介しますね!

 

▼詳しい役どころについては、こちらで紹介しています。

 

ウォルジュ役:ファン・ジョンウム

サンガプ屋台、ウォルジュ

出典:Jtbc

サンガプ屋台のおばさん。500年前に死んだ人。

 

ファン・ジョンウムは、もともと4人組アイドルグループsugerのメンバー

 

日本人メンバー・アユミなどを含む人気グループの一員でしたが、その中でファン・ジョンウムは目立つ存在ではありませんでした。

 

その後、グループを脱退し、女優へと転身。

 

初めは世間からの厳しいバッシングが目立ちましたが、徐々に実力をつけ、今では引っ張りだこの女優へと見事成功を収めました

 

私が大好きなファン・ジョンウムの作品は、「彼女はキレイだった」です。

 

全身全霊をかけて演じるコミカルな姿に笑いが止まりません!

 

Netflixでもご覧になれますよ♩

 

ハン・ガンベ役:ユク・ソンジェ

サンガプ屋台、ハン・ガンペ

出典:Jtbc

サンガプ屋台のバイト生。

 

ユク・ソンジェは、アイドルグループBTOBのメンバー

 

身長180センチの高身長に、甘いマスク。

 

ラップにボーカル、日本語、そして演技までなんでもできちゃいます!

 

ユク・ソンジェの出演する作品は、ヒット作ばかりですが、私は「トッケビ」での演技が印象深かったです!(後述)

 

「サンガプ屋台」の撮影を終えて、2020年5月に兵役に行きました。
「トッケビ」もNetflixでご覧になれます♩

 

クィ班長:チェ・ウォニョン

サンガプ屋台、クィ班長

出典:Jtbc

サンガプ屋台の管理者。

 

花郎」「あなたが眠っている間に」などドラマでよくみかけるチェ・ウニョンですが、実は10年もの無名時代 を送っています。

 

有名になったのは、「百年の遺産」で演じたダメ男。憎まれ役として世間に顔が知られるようになったそうです。

 

そして、このドラマで共演したシム・イヨンさんと結婚。

 

にってぃ
にってぃ

「百年の遺産」は、チェ・ウニョンにとっていろんな意味で人生が大きく変わった作品のようです。

 

ちなみに、ファン・ジョンウムとは、「キルミー・ヒールミー」でも共演。

 

こちらもNetflixでご覧になれます♩

「サンガプ屋台」の感想・評価(ネタバレあり)

サンガプ屋台、見どころ

出典:Jtbc

 

予告編からドタバタラブコメディーかと思っていましたが、予想外に感動とヒーリングの物語 でした。

 

いろんな事情を持ったお客さんに、共感、時にはほろりとしながら視聴。

 

人間には冷たいが子を思う気持ちは人一倍強いウォルジュ、なんだかんだいいながらウォルジュをやさしく見守るクィ班長、冷遇されてきた過去がありながらも誰にでもやさしいガンベと3人の個性的なキャラクターがとってもよかったです。

 

 

ただ残念だったのは、ウォルジュの過去の話が中心になりすぎたこと

 

原作は、200話近くも連載されており、客の事情よりも主人公のウォルジュの話を集中的に展開させることにしたみたい。

 

中盤からは、あからさまに周りの正体が強調されてしまっていたので、楽しみが半減したような気持ちに。

 

特に終盤はウォルジュの話ばかり。ガンベは脇役に押しやられてしまいました。せっかくの彼の特異体質が生かされず、ヨリンとの恋愛部分だけが描かれことるに。ガンベの存在感が減ってしまったのが残念でした。

 

 

それから、ユク・ソンジェの演技はナチュラルでよかったのですが、ファンタジーというジャンルが被っているせいか、「トッケビ」を思い出しました。

 

特にガンベから神木が出てくるシーンは、「トッケビ」の神が乗り移ってるシーンとかかなり被った印象。演出の問題かと思います。

 

ユク・ソンジェの入隊後最後の作品となりましたが、韓国のファンの中では、除隊後にシーズン2を望む声もあるようです。

 

 

韓国ドラマ「サンガプ屋台」のまとめ

 

今回は、「サンガプ屋台」のあらすじや視聴感想についてご紹介しました。

 

ハマる人はハマるドラマだったようですが、私的には星5つ中3つの評価。

 

脚本の構成やCGの荒さ、(そしてファン・ジョンウムのお顔の変化も)などが気になっちゃいました。

 

考えてみるとWEB漫画の実写化って大きく成功した作品が少ないですよね。やっぱり難しいいんだろうな。

 

ただ主演の演技は申し分ないほどすばらしくて、特にファン・ジョンウムのシリアスなシーンは深みが増した ように感じました!

 

お読みくださりありがとうございました♩