Netflix6月最新情報更新!

「私たち、恋してたのかな」の登場人物・キャスト(俳優)・相関図

「私たち、恋してたのかな」の登場人物・キャスト(俳優)・相関図
 この記事で分かること
韓ドラ「私たち、恋してたのかな?」の相関図・全キャストを紹介

 

Netflixで9月から配信予定の韓国ドラマ「私たち、恋してたのかな?」。

 

今回は、このドラマの相関図、全キャストについて詳しくご紹介していきますよ!

 

▼なお、「私たち、恋してたのかな?」の視聴方法、あらすじやみどころについては、こちらをご参考ください。

 

「私たち、恋してたのかな?」の人物相関図

私たち、恋してたのかな

 

ノ・エジョンを4人の男性が取り合う構図。逆ハーレムがうらやましいです!

 

「私たち、恋してたのかな?」のキャスト

ノ・エジョン役:ソン・ジヒョ

出典:Jtbc

映画プロデューサー。生涯、愛情(エジョン)を受けて生きて欲しいと亡くなった父親がつけてくれた名前だが、苗字が「ノ」のため、「NO愛情(エジョン)」となってしまった不運なケース。

映画が好きで、映画学者になりたいと韓国大演劇映画科で期待の新人として名を馳せた彼女が、人生の計画にはなかったシングルマザーになるとは想像もできないことだった。

大手映画会社オンジフィルムに契約社員の経理として就職し、信じていた会社の代表が10億5千ウォンの保証詐欺で裏切り、エジョンの人生は急に4人の男性が登場して、"サム(友達以上恋人未満)"に巻き込まれる。

 

オ・デオ役:ソン・ホジュン

オ・デオ

出典:Jtbc

ベストセラー小説家でハリウッドでメガヒットまで打ち出したシナリオ作家

ペンと紙ですることにかけては、全てが天才的だが、機械、音楽、ファッションなどそれ以外の分野では無能で、根拠のない自信がいつも溢れ、礼儀がなってないという誤解を招きがち。中間がない男

これまで顔を公開してこなかったため、根も葉もない噂が回っていた。映画が大成功を収めてからは、以前に書いた原作の版権まで買い上げるという映画会社のラブコール。それに続き、メールで顔馴染みのあるノ・エジョンPDの丁重な出演オファーまで発見することになる。

 

リュジン役:ソン・ジョンホ

リュジン

出典:Jtbc

ソンエンターテインメントの代表俳優で、「国民の彼氏」という愛称で、人気急上昇中のトップ俳優

生まれながらにして全てが完璧の男に見えるが、実は超努力派だ。たくさんの努力を積み上げてきた彼の前に、長い間夢見てきたハリウッド行きが目の前に現れた瞬間、ノ・エジョンと出会う。一緒に映画を作ろうと持ちかけられ、一世一代の選択に迫られる。

今回の決断は本当にうまくやらないといけない。今回だけは絶対逃すことができないから。ノ・エジョンをただ置いて、会えなくなるのは絶対嫌だから!

 

オ・ヨヌ/オ・ヨンウ役:ク・ジャソン

オ・ヨヌ/オ・ヨンウ

出典:Jtbc

中学校の体育教師。オ・ヨヌと書いて「サンシャイン」と読みたい男。生徒に大人気である。

高校時代に近所のよく通っていた、銭湯の家の娘で3歳年上のお姉さん。初恋が忘れられず、結婚ができずにいた。

そんなある日、14年ぶりに再開。自分の担任のクラスの転校生の母親として偶然出会う。そして、出勤時にもバス停で偶然に。

そんな偶然が続き、ヨヌはもう一度偶然を作るために、彼女の出勤時間に合わせて、密かにバス停をうろつく。彼女の隣でゆっくり歩きたくて、しんどければ一緒に休んで、忙しい時は一緒に走りたくて。そんなふうに応援したくて、慰めたくて、愛したくて。

 

ク・パド役:キム・ミンジュン

ク・パド

出典:Jtbc

社長。生まれてから父親の匂いすら嗅いだことのない孤児出身。父親になってしまったのはノンセンス。一度も養育されたことがない彼が育児だなんて?知らないことは本で学んだ。しかし、文で学んだ育児が通じるわけがない。

更に息子のドンチャンは、父親であるパドと目があうだけでも瞳が揺れ当惑。パドは、ドンチャンをかっこよく強く育てたいが、いつも野生に放り投げられた小さくて弱いウサギのように臆病な息子のせいで胸が痛い。

そんなある日、債務者を追っていると、莫大な借金で路頭に迷う保証人ノ・エジョンに出会う。彼女に今まで会ったことのないような魅力を感じたパドは、彼女に映画の投資を提案する。どんな手を使っても彼女を再起させてあげたい。

 

チュ・アリン役:キム・ダソン

チュ・アリン

出典:Jtbc

美しい俳優で、もちろん有名な映画祭で映画主演賞まで勝ち取った実力派女優。完璧に見えるが、全ては身を削った努力だったという事実。

映画の主人公を任され「アジアの初恋」で大成功を収める。どんな洋服でも着さえすれば、在庫切れを起こし、自他共に認めるファッショニスタ。

そんな彼女に「テレビは愛を乗せて」が復活すれば、必ず探したい男がいる。遊び人・チュ・アリンを引退させた唯一の男性。そして忽然と姿を消した男。時は流れ、アリンはSNSで馴染みのある男の姿を目にする。その瞬間、アリンの胸がドキドキと再び高鳴り始める、14年前の時のように。

 

チェ・ヒャンジャ役:キム・ミギョン

チェ・ヒャンジャ エジョンの母親。結婚生活6年目に、夫が事故死で亡くなる。しかし、生きるのに精一杯で、悲しみに暮れる余裕がなかった。結局、アカスリをする仕事に就き、彼女だけが持つマッサージの技術が徐々に求められ、いつの間にか腕のあるアカスリのおばさんになった。

娘のエジョンが23歳の幼い年齢でシングルマザーになった時、自分の未亡人の運命を追っていくのかなと思い、非常に悲しくて落胆した。

しかし、エジョンが周囲の視線と噂のせいで、彼女の人生を諦めさせまいと私の娘は私が守るという一心で生きてきた。

 

ノ・ハニ役:オン・チェヨン

ノ・ハニ エジョンの娘。周りから母親が未婚者だとからかわれ、父親がいない子どもだとからかわれる。陰口を叩かれるたびに、髪の毛を掴んで引っこ抜いたり、目の周りをあざにさせたりしていたら、もう転校だけで10回目。

「父親は死んだことにしよう。お前のお母さんがそうしたいんだって」というおばあちゃんの言葉に、これまで気になっていた父親について知りたくてたまらなくなる。そんなある日、母親の20代がそっくりそのまま含まれている秘密の箱の中に発見した父親の手がかり。

父親候補が1人でなく、2人でなく、3人でもなく、4人も!一体誰が父親になるんだろうか。

 

カン・スキ役:キム・ヨンア

カン・スキ "秀Key"bar社長。エジョンが住んでいる家の実のオーナーで、急にお金が必要な時に助けてくれる経済的救世主。母に言えない秘密ができるたびにエジョンが探す実の姉のような存在。

 

チェ・ヘジン役:ペク・スヒ

チェ・ヘジン 映画会社の1年目PD。映画会社オンジフィルムの企画チームの新人社員で就職したが、経営難で強制退社の危機に置かれている。

空気が読めなくて、ゴシップが好きで、果てしなく口が軽いが、心根は優しい。

 

ワン代表役:キム・ビョンチュン

ワン代表 映画会社の代表。一時はヒットの神と呼ばれた男。よく売れそうなアイテムを探し出す肥えた目でものすごいお金をもうけたが、ギャンブルで全部飛ばし、現在は逃亡。

エジョンの潜在的な能力を買って、就職させた恩人と思いきや、エジョンに保証詐欺を働いて、行方をくらませている。

 

チュ・ボヘ役:チン・フィギョン

チュ・ボヘ ヨヌの母親。生まれながらにお金持ちのお姫様。きれいな物だけを見て育ってきたため、小さい衝撃にも心を痛めるガラスのハートの持ち主。年齢は既に61歳だが、精神年齢は永遠の18歳である。

心配があるとすれば、家と距離を置く息子のヨヌが、家業を受け継ぐ考えがなく、突拍子もなく学校の教師になると学校に勤務中。

息子に近づきたい一心で、その中学校の財団まで買って、理事長になるが、今だに息子との距離は縮まらない。

 

ト・ガンス役:オ・ヒジュン

ト・ガンス アリンのマネージャー。過去には、アリンの大ファンだったが、今はアリンの第一線のアンチファン。国民の妹、アリンが自分より2歳年上だったことに事実に衝撃を受ける。そして、彼女の気まぐれで分別のない行動にもう一度衝撃。

この全てを知らないふりをしなければならないマネージャーの運命がただうらめしい。

 

ク・ドンチャン役:ユン・ソンウ

ク・ドンチャン パドの息子。世界で一番怖いのが、父親であるク・パド。なぜ自分は父親を父と呼ぶのがしんどいのか。なぜ自分は父と似ているところが一つもないのだろうか。いつも不思議に思う。

家でビクビク過ごしているせいで、学校でも集団に溶けこめない。いじめられるのは日常茶飯事だったが、ある日転校してきた女の子・ドンチャンが盾になってくれる。いつの間にか、友達になってくれたドンチャンを守るため強くなりたいと思うようになる。

 

キム・イサ役:イ・ギョヨプ

キム・イサ パドの右腕。忠実な腹心。パドのためなら命まで差し出すことができる。パドとドンチャンの秘密を知っている唯一の人物。ドンチャンには、本音を話すことができるおじさん。

 

キム・イサ役:イ・ファリョン

ミョン・クェナム リュジンのマネージャー。優柔不断なリュジンにいつでもどこでも明快な答えをくれるマネージャーのお兄さん。デビューの頃から、いつもリュジンの側に寄り添ってくれる家族よりも家族なお兄さんである。

 

ジェニファー・ソン役:ソ・ジョンヨン

ジェニファー・ソン SSONGエンターテインメント代表。誰もリュジンの名前を知らない時、単独で彼の潜在的可能性を調べてキャスティングした。

リュジンを所属俳優ではなく、自分の彼氏だと勘違いして、一人で妄想恋愛中だ。